22 7月 2015

【JACKSON’S】
Will Calhoun シグネチャースネア Nomad

jacksonsdrum

今回は、私が尊敬しているドラマーWill Calhounを紹介しつつ、
私が愛用している、彼のシグネイチャーモデルであるnomadスネアを紹介したいと思います。

Living Colourというグラミー賞を受賞した
黒人のハードロックバンドのドラマーであり、
同時にwayne shorter, mick stern など
名立たるジャズミュージシャンとセッション、ツアーでも活躍している、オールラウンドドラマー。

アフリカをルーツに様々なスタイル、
誰にも真似できない唯一無二のグルーヴを持っていて、
アメリカのドラムマガジンの人気投票でも上位にランクイン、
次世代のエルヴィンジョーンズとも呼ばれています。
日本ではあまり知名度がなく、悲しいです。

ドラムメーカー、mapex社から、彼のシグネイチャースネアがリリースされたのは、2013年のこと。
二年の歳月をかけて、本人とmapex社双方が妥協無く完成させたスネアです。
口径は、反応が良いやや小さめの13インチ。
深さは6.5インチあるので、パワーもあります。
13インチのスネアというのは、mapex社が流行らせたという噂もあります。
私は学生時代、13インチのスネアを愛用している神保彰さんが好きだったので、
密かに、欲しかったサイズでした。

ブラスという金属でできているので、けっこう重量があります。
スティール、コパー、チタンなどいろいろな金属でスネアは作られていますが、
ブラスはより中音域が重視された音になります。
私は太い音のスネアが好きなので、まさにぴったりのスネアです。
ジャズでも、歌ものでも、これ一台で最近は色々なライブをこなしています。

こちらが私がそのスネアを演奏している動画になります。

ちなみに今年彼が来日したライブに行った際、
本人からスネアにサインをいただく事ができました。
ファンとして、本当にうれしいです。
image

|
In a Sunny Place // ALBUM
  1. In a Sunny Place // ALBUM
  2. Paper Planes // ALBUM
  3. In this Night // ALBUM
  4. Taiyo // ALBUM
  5. Run boy,run // ALBUM
  6. Child // ALBUM