23 9月 2015

【TRATTORIA da RYU】リュウの具沢山ボロネーゼ

TrattoriaDaRyu

【リュウの具沢山ボロネーゼ】

材料:(3人分)

IMG_5671

合挽ミンチ・・・250グラム強
玉ねぎ・・・1個
ニンジン・・・1個
セロリ・・・2株
トマト缶・・・1缶
ニンニク・・・2片
オリーブオイル・・・適量
ワイン・・・コップ一杯
バジル・・・3葉
乾燥ローズマリー・・・少量
塩・・・適量
ペッパー・・・適量
コンソメキューブ・・・1個
醤油・・・小さじ1杯

ちなみに「ボロネーゼ」といういわゆる「ミートソース」は
正しいイタリア語では「Ragù Alla Bolognese(ラグー・アッラ・ボロニェーゼ)」と言います。

1.玉ねぎ、ニンジン、セロリをお好みの大きさでみじん切りにする。

FullSizeRender

2.適量のオリーブを入れた鍋を熱し、ニンニク2片をいれて、
ニンニクが焦げないように風味をオリーブオイルに移す。
3.玉ねぎを入れて、透明になるまで中火で炒める。
その後、セロリとニンジンを鍋に投入して、焦げないようにこまめに混ぜる。

IMG_5674

4.合挽ミンチを加え、塩、ペッパーと乾燥ローズマリーを適量入れ、こちらも焦げないように混ぜる。
5.肉に若干火が通ったら、ワインを入れる。

IMG_5675

6.ワインのアルコールがとんだら、トマト缶を1缶全部いれ、トマトと具をしっかりと混ぜる。
7.コンソメキューブ1個、バジルの葉をいれ、醤油小さじ一杯をいれる。
味見をして足りない場合は塩を足して味を調える。
味を調えたら、このまま弱火でゆっくりと30分以上煮込んだら「ラグー・アッラ・ボロニェーゼ」の完成です。

IMG_5676

ミートソースのような濃厚なソースには太めのスパゲッティーや
平らなタリアテッレや、フジッリのような螺旋状にねじられたショートパスタが非常に合うのですが、
個人的にはタリアテッレが一番好きです。
ので、今回は本場イタリア産のDe Cecco(ディ・チェコ)のタリアテッレを使用致しました。

完成です!!

IMG_5678

たっぷり粉チーズをかけて召し上がってください。

今日はベースのTSURUちゃんが訪問。
「さぁ。Trattoria da Ryuがどんなもんか…」

「旨っ。最高や!!マジでイタリア人だったんですね!!」

IMG_5686

ですって。

ということで皆さんも是非試してください。
またご来店お待ちしております!
料理をしている動画も近日アップする予定なので、
それも楽しみにしていてください!!

チャオ!

|

Leave a Reply

In a Sunny Place // ALBUM
  1. In a Sunny Place // ALBUM
  2. Paper Planes // ALBUM
  3. In this Night // ALBUM
  4. Taiyo // ALBUM
  5. Run boy,run // ALBUM
  6. Child // ALBUM