05 5月 2016

【TRATTORIA da RYU】引っ越し〇〇

TrattoriaDaRyu

いらっしゃいませ~
またご来店頂き誠にありがとうございます。
夜は少し肌寒いといえども、Tシャツ一枚で過ごせる季節になりましたね。
さて、私事で大変申し訳ないんですが、
この度、新しい家に引っ越しました。

料理好きとしては、コンロ一口での生活は大変でしたが、
今回はなんと広々としたキッチンが備えてある家での生活が始まり、
毎日の料理が楽しくてしょうがないです。
引っ越しということなので、
やっぱり「例」のやつを作るべきですよね。

そうそう、ほら

引っ越しの時って言ったらこれでしょ。

そう。
「餃子」。

この人は何を言っているんだ
と思っている人が当然正しいと思いますが、
個人的に引っ越しの度に餃子を作ることが恒例になってしまっているため、
今回はそのレシピとともに、誠に勝手ながら皆さんと一緒に引っ越しを祝いたいと思います。
とは言っても「普通の餃子」だとここにレシピを載せる意味はないのでは
という気持ちから、「イタリア風餃子」を作ってみました。
それではレシピをどうぞ!!

【イタリア風餃子】

材料:(2-3人分)

IMG_6358

豚ひき肉・・・100g
鶏挽き肉・・・100g
ブランマッシュルーム・・・5つ
トマト・・・1個
スイートバジル・・・葉15枚ほど
ニンニク・・・1片
市販の餃子の皮(大判)・・・20枚
コンソメの素(粉末)・・・大さじ1杯+小さじ1杯
塩・・・小さじ2杯
醤油・・・小さじ1杯
粉末チーズ(お好みで)・・・大さじ1杯

1.マッシュルームをみじん切りにして、
大きなボウルにひき肉とマッシュルームを入れる。
IMG_6359
2.トマト、ニンニク、バジルの葉っぱ、を細かくみじん切りにして、
こちらもボウルの中に全て足す。
3.調味料を足す。コンソメ、塩、醤油、そして粉末チーズを足し、良く混ぜる。
IMG_6363
ラップをして味が馴染むように30分ほど置く。
4.餡を皮で包む。包み方はこちらは参照してください。
http://www.ryushobo.com/recipe/knack/gyoza_tutumi.htm
トマトが入ってる餡で、ちょっと水っぽいので、
普通の餃子に比べて包むのが少し難しいですが、
コツを掴めば簡単に出来ると思います。
5.餃子を焼く。焼き方も通常の餃子通りで大丈夫ですが、
(こちらを参照↓)
http://matome.naver.jp/odai/2136815625548678401
お湯を足すのではなく、コンソメ小さじ1杯を溶かしたお湯を足します。
焦げ目が付いたら完成です!!
IMG_6366

ジューシー!!
ブォーノ(美味しい)!!

本当に美味しいので試してみてください。
感想や作った報告をこちらに頂ければ嬉しいです!!
Twitter: @RyuMatsu_Info
Facebook: Ryu Matsuyama Fan Page

またご来店お待ちしております。

チャオ!

|

Leave a Reply

In a Sunny Place // ALBUM
  1. In a Sunny Place // ALBUM
  2. Paper Planes // ALBUM
  3. In this Night // ALBUM
  4. Taiyo // ALBUM
  5. Run boy,run // ALBUM
  6. Child // ALBUM