31 1月 2017

【JACKSON’S】
”レコーディング機材 小話その1”

jacksonsdrum

レコーディング機材 小話その1
さて、春にアルバムをリリースすることになりました。先日ドラムのレコーディングを無事終えたのですが、今回は三原重夫さんという方にドラムテックに入ってもらいました。ドラムテックは、レコーディングやライブのドラムのメンテナンスやチューニングなどドラマーの様々な要求に答えるプロフェッショナルな方です。実際レコーディングやライブなどでチューニングや音を決めることを、一人でやるのでは、手間がすごくかかるんです。ドラムの椅子から聞こえる音と、ドラムに前に立って聞こえる音は結構違うからです。ドラムテックさんがいれば、一つに曲に対し、様々なドラムセットやそれぞれ異なるチューニングを試し、議論して比較したのち、また希望のチューニング元に戻すというプロセスも可能です。

今回のアルバムも、いろいろな風景を描くために、または曲が求めているドラムのサウンドにどれだけ近づけさせるかをテーマに工夫を凝らしました。特に私が今回このようなドラムを叩きたい、と参考にしていたアルバムがありました。oz noyというギタリストのfuzzyというアルバムです。私が尊敬している、現スティーリーダンのドラマーでもあるkeith carlockが参加しています。彼のオープンでふくよかなドラムセットのチューニングからくる鳴り、シャープでパンチのあるスネア、そして野性味溢れるソロなど、彼から受けたインスピレーションを今作に込めました。
今回私が使用したドラムセットは前作Grow from the ground同様 dw コレクターズメイプルです。見た目もさることながら(いくつかの有名バンドのPV撮影に使用されています)薄め メイプルシェルの明るいトーンが魅力です。
三原さんはきてそうそうに全てのドラムの上下のヘッド(皮)を変え始め、そしてバスドラムに固定したドライヤーで熱風をあてていました。寒い季節と暖房の効いた暖かいスタジオの気温差でドラムが結露し、濡れてしまい、鳴らなくなるそうで、特に面積の大きいバスドラムには気を使っているそうです。そして小さい電子ピアノで楽器ごとのふくよかに鳴る音階やポイントを確かめながらチューニングしていき。上下の皮のピッチ感、セット全体のピッチも等間隔でチューニングしていたのには感動しました。ドラムもメロディー楽器であることを、再確認しました。
三原さんとの会話で、キースカーロックのドラムのチューニングとして特徴的な乾いたハイピッチ目のスネアサウンド、ふくよかでミュートが少ないバスドラやタム類。薄めのシンバルセレクトなど。参考にしながら、曲によってスネアの音色、素材、そしてチューニング、シンバルなども細かく変えました。

今回使ったスネアは三種類で、メインはdwエッジというスネア。メイプル材を分厚いブラス材で挟んだ超重量級スネア。そして、ローピッチのサウンドを狙ったものではヤマハの、john robinsonのシグネチャースネア。これまたバーチ材に、銅製のピンが打ち込まれているこだわり使用のスネアです。 そして13インチの雄 ソナーのアースです。通称バームクーヘン。木の板を28枚も重ねて硬質でパワーのあるスネアです。それぞれいいスネアなのですがメインのスネア(基本となるサウンド)を考えた時に、keith carlockが当時愛用していたヤマハのブラスのスネアms4440(14×4)の音に近いようスペックの、dwのスネアを選びました。実はそのヤマハのms4440も、楽器屋さんで必死に探しましたが、廃番になっており手に入れることができませんでした。(どなたか中古で構わないので譲ってください)

ハイハットはdave weckleがプロデュースしたhhxレガシーシリーズ。ハイピッチ目で粒立ちがよく、強めのアーティキュレーションも、トラッシーをまとってついてきてくれます。
Dave weckleのレガシーシリーズはちょっと高めの値段設定で、国内流通数が少ないためあまり楽器屋さんで中古品が出回る事はなく、見つけたら買うようにしています。メンバーには言えませんが、レコーディング後に非常に珍しいレガシーの22インチのヘヴィライドという大きいライドを中古で手に入れまして、最近のライブで大活躍しているようです。ヘヴィと言いながら非常に使い勝手が良く、繊細なプレイも包み込むような大きい表現もできる求めていた理想のシンバルです。シンバルは、叩かれることにより振動し、金属が柔らかくなることでより音楽馴染むような音色に変化していくので、これから楽しみです。

ドラムペダルはdw9000シリーズ。ペダル界の王様と言ってもいいくらい、機能性に溢れパワーも申し分ないモンスターペダルです。ただ重たいので、ライブではあまり持って行きません。ビーター(ドラムを打つバチみたいなもの)はTrickというメーカーで金属製のものです。尊敬するドラマー will calhounが愛用しており、普通の材質(フェルトや木)よりアタックがあり硬質で芯があるサウンドになります。

続く


様々なシンバル、スネアからアルバムのサウンドに合う楽器を決めていきました


尽力してくださったドラムテック 三原重夫さん

シンバル Sabian HHX legacy シリーズ

|

Leave a Reply

In a Sunny Place // ALBUM
  1. In a Sunny Place // ALBUM
  2. Paper Planes // ALBUM
  3. In this Night // ALBUM
  4. Taiyo // ALBUM
  5. Run boy,run // ALBUM
  6. Child // ALBUM